Line

「マグマ大使」



マグマ大使は、実写の特撮テレビ番組としてよく知られてますが、原作は手塚治虫です。

マンガではテレビ版のように怪獣があまり登場しない(等身大の怪人などが登場)など違いもあります。

マグマ大使は、人間型とロケット型に変形でき、熱線砲やミサイルなどで戦います。 相手に合わせて巨大化もできました。

なお連載は、少年月刊誌『少年画報』で、1965年5月~1967年8月でした。

Line


手塚治虫作品を

気になる記事ピックアップ

箸でオンリーワンギフト
日本人であれば、一日一回箸を使うことでしょう。人によって使う素材、箸の長さ、形はそれぞれだと思います。使いやすく手.....

バカラのグラスでオンリーワンギフト
バカラのグラスは皆さんご存知でしょう。透明度が高くデザインもおしゃれ、そのうえ種類も豊富で高級感もあるグラスです。このグ.....

新撰組の話題
新撰組といえば、江戸時代後期の幕末期に名前をはせた、近藤勇を局長とする集団です。この新撰組に関する作品はいろいろな人が手がけて.....

鉄腕アトムの話題
鉄腕アトムはちびっ子のヒーローです。 愛くるしくて、力強い、正義の味方です。 小さい子が夢中になってみたマンガの一つです。鉄腕アトムは基本的には分.....

ジッポーでオンリーワンギフト
ジッポーライターはオリジナル品がたくさん作られていますが、意外に持っていない愛煙家は多いです。ここでオリジナルのカラーでオリジナルデザインが.....

Copyright © 2007 手塚治虫ファンとギフトのページ. All rights reserved