Line

「どろろ」



「どろろ」は室町時代末期の妖怪もの。

主人公の百鬼丸(ひゃっきまる)が、自分の身体を取り戻すための妖怪との戦いと旅の物語。

どろろは、百鬼丸が出会うこそ泥の子供の名前。 百鬼丸に助けられたことを縁に付け回すようになる。

なお連載は、小学館の「週刊少年サンデー」で、1967年~1968年です。

Line


手塚治虫作品を

気になる記事ピックアップ

アドルフに告ぐの話題
第二次世界大戦前後のドイツにおける時代背景で、「アドルフ」というファーストネームを持つ3人の男達の物語。「ヒトラーがユダヤ人の.....

手描きの似顔絵でオンリーワンギフト
似顔絵は、写真と違って温かみのあるものですよね。でもなかなか似顔絵を描いてもらうことはないでしょう。ここで、贈りたい人の似顔絵をプレゼントしてみませんか?.....

ペンダントでオンリーワンギフト
プレゼントといえば、ほとんどの人がアクセサリーをプレゼントすると思います。自分の大切な人へのプレゼントは、.....

似顔絵せんべいでオンリーワンギフト
昨今、結婚式の引き出物といえばカタログギフトが主流になっています。持ち帰りにも便利ですし、何よりももらった人が好きな引き出物を.....

オリジナルボトルでオンリーワンギフト
お酒が好きな人へはぜひお酒のプレゼントを、と考えている人は多いことでしょう。そしてぜひ記念に残るようなオンリーワンギフト.....

Copyright © 2007 手塚治虫ファンとギフトのページ. All rights reserved