Line

「どろろ」



「どろろ」は室町時代末期の妖怪もの。

主人公の百鬼丸(ひゃっきまる)が、自分の身体を取り戻すための妖怪との戦いと旅の物語。

どろろは、百鬼丸が出会うこそ泥の子供の名前。 百鬼丸に助けられたことを縁に付け回すようになる。

なお連載は、小学館の「週刊少年サンデー」で、1967年~1968年です。

Line


手塚治虫作品を

気になる記事ピックアップ

肖像画でオンリーワンギフト
記念の日に、肖像画のプレゼントはいかがでしょうか?自分の肖像画というのは、なかなか書いてもらう機会はないと思います。写真.....

世界に一つだけの詩
オンリーワンギフトをプレゼントされるととてもうれしいですよね。世界に一つだけの、自分だけのものですから。.....

ぼくの孫悟空の話題
中国・明代の小説『西遊記』を翻案して手塚治虫が漫画化したものです。西遊記といえば誰もが知る物語です。 小説としても有名ですし、ドラマ化.....

ジャングル大帝の話題
ジャングル大帝は、白ライオンのレオが主人公のアフリカのジャングルを舞台にした漫画です。 アニメ化もされ、すごい人気でした。動物を主人公にしたマンガは今では.....

大切な人へ、月のギフト
他の人と違ったプレゼントをしたい!そう思う人は少なくないと思います。相手にはぜひオンリーワンギフトを送りたい、と思っているそんなあなたに、月のプレ.....

Copyright © 2007 手塚治虫ファンとギフトのページ. All rights reserved